とある家族の話。遺産相続として9000万の価値のある家を母親から相続した姉が、妹に

1500万円の賠償訴訟をかけられたそうだ。

実は妹には1000万円の遺産相続の話があるのだったが、妹が受け取れる最低額の遺産分配

額は遺留分といわれ、法定相続分の二分の一の額であるのだが、今回のケースでは

一億円の相続が姉妹に与えられたことになるので、各々が5千万円になり、その半分の

2500万円が妹が受け取れる相続額になるのである。

そこで、妹としては、本来の1000万を2500万円から差し引いた、1500万円の

請求になったのである。

姉の支払いに対する工面は相当なものなり、妹との関係は悪化した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/634c69884c2bed948e3e3f58a081b4bbca30bf9a?page=1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です